戦略的に集客し新卒採用を支援する仕組みとは

いまや空前の売り手市場となった現代をどう乗り切るか

新卒採用が難しくなった現在の状況では、どのように学生の目を集めるか集客戦略も必要となって来ています。そのためにはまず自社がどのような学生を社員として迎えたいと考えているのか、ターゲットを絞ることが先決。アピールしたい相手にアピールしたいことを確実に伝えることで集客につなげ、企業にとって満足の行く新卒採用を実現させる戦略が必要です。近年は世界的にも新卒採用支援システムの導入が進んでいますが、漫然と広く集客するシステムではなく絞り込んだ内容になっているのが基本。SNS時代にネットを駆使して狙った学生の目を確実に集め、興味を持たせる支援システムが高く評価されています重要なのは、この空前の売り手市場をどう勝ち抜くか。自社の魅力を強く打ち出す事で、欲しい人材を確保する支援システムが必要とされているのです。

就活生はどのような動きをしているのか

欲しい人材が限られている現在、せっかく内定を出した学生に断られてしまう企業が非常に増えています。まず、競合に打ち勝つために必要なのは、学生がどのような行動パターンで就活を行っているかを知ることです。ネット社会に慣れ切った現代の学生は、一見広く情報を集めているように見えて、実は偏った範囲でしか収集出来ていない事も少なくありません。企業側としては、その偏った中に割り込んで、いかに自社の魅力を伝えるかが重要ポイントとなります。ただし、闇雲にアピールしても欲しい人材は集まりません。ここで戦略のブレを起こさないためにも、どんな人材を求めているのかターゲットと決めておく必要があるのです。

学生のニーズも把握した採用戦略

自社にはどんな強みがあり、働くことでどんなメリットがあるのかを積極的にアピールすることも大事ですが、相手のニーズを知ることも大事です。現在の学生はどのような志向を持っているのか、どんな企業により大きな魅力を感じる傾向にあるのかを知っているのといないのとでは雲泥の差。学生たちは、驚くほど多くの企業説明会にエントリーし、実際に参加する企業を絞り込んでいます。そこからすでに学生による選択は始まっていると言えるでしょう。競合ではなく自分たちの会社に足を向けさせる、その理由を作らなければいけません。何もかも相手に迎合することが良いことではありませんが、トレンドを理解しなければ何も始まらないことは肝に銘じておく必要があるでしょう。

記事一覧