新卒者の採用を促す支援イベントを開催する

まずは機会を提供して開催する回数を重ねていく

毎年、若者達が職を得るために、就活をスタートさせます。しかし、必ずしも成功して、就活を終える人ばかりではありません。卒業が迫っても、就活が終わらない人も多く、問題となっています。現場も、新卒者を不必要としているわけではありません。しかし、互いの待遇が一致しなかったり、求人を出して募集をかけても、申し込みをしてくる人がいないこともあります。マッチングをきちんとすれば、上手く話がまとまる可能性も高くなります。これらのことから、採用を促す支援イベントの開催が急務といえます。勿論、始めは参加してくれる企業の数も少なく、生徒達の期待も薄いかもしれません。数を重ねて、周知や認知されることで、生徒達も企業の数も増やしていけます。

魅力的で意味のあるものを提供することで賄う

問題点は、どんな企画でも、開催するのにはお金が必要となることです。行政から依頼されるなどの後ろ楯があればまだしも、一から企画を立ち上げて開催するのは簡単なことではありません。NPO法人などの協力を仰いだり、企業などの寄付などから賄うしかありません。誰かが出資してくれるのには、理由が必要で、魅力的な企画であり、見返りが期待できるともっと積極的になれます。企業にとって、この企画の恩恵は、生徒達と話をする機会が得られることです。企業が必要としている人材や資格を有している人が、待っているだけで現れるわけがありません。積極的にマッチングに参加して、実現できます。企業が満足できたということは、生徒達も同じです。無事に探すことをやめることができたと同義といえます。

成功で次の企画が生まれ次の世代へと受け継がれる

就活をするのなら、この新卒者の採用される可能性がぐぐっと上がる、支援イベントしかないといわれれば、成功しているといえます。人が人を呼ぶように、人材が集まれば、新卒者の採用は促されていきます。一つの支援イベントが成功すれば、一つのモデルケースとして参考にされ、次の企画が構想されていきます。生徒達も選択肢を増やすことができ、生徒達との対面する機会を企業はもてます。新たな時代をさせていく人達が、働きたいと考えている人達が、そのスタートラインに立てないのは可笑しいことです。また、その現状を見て把握している大人達が、助けの手を差し伸べることができないこともです。少しずつ起こしていた行動が、やがては実を結びます。今度は、その手助けを受けた側が、次の世代を助けていく番になります。

記事一覧